実用品や設計図・型紙の著作権、著作権使用料について

実用品や設計図の「著作権・著作権使用料について、勘違いされている企業や個人の方が多いため、「判例」や複数の専門家からお聞きした事をまとめてみました。

 

著作権を管理する「文化庁」のHPには以下のような記述があります。

 

=============================

著作権法で保護の対象となる著作物であるためには,以下の事項をすべて満たすものである必要があります。

 

(1)「思想又は感情」を表現したものであること

→ 単なるデータが除かれます。

 

(2)思想又は感情を「表現したもの」であること

→ アイデア等が除かれます。

 

(3)思想又は感情を「創作的」に表現したものであること

→ 他人の作品の単なる模倣が除かれます。

 

(4)「文芸,学術,美術又は音楽の範囲」に属するものであること

→ 工業製品等が除かれます。

 

 具体的には,小説,音楽,美術,映画,コンピュータプログラム等が,著作権法上,著作物の例示として挙げられています。
 その他,編集物で素材の選択又は配列によって創作性を有するものは,編集著作物として保護されます。新聞,雑誌,百科事典等がこれに該当します。

=============================

 

※文化庁(著作物について)から引用

 

 

大量生産されている実用品の場合、

実用の部分を除いて「思想又は感情を創作的に表現しており、作成者の個性が発揮されている」部分がなければ、著作物ではありません。

 

図面の場合は「学術的な性質を有する図面」で「思想又は感情を創作的に表現しており、作成者の個性が発揮された部分」がある必要があります。

 

※設計図などは、誰でも設計図を読めば同じ情報を読み取ることができる必要があります。そのため、設計図において、創作的な表現が認められ、もって著作物として保護されるという範囲は限られています。

 

注意

なお、設計図を利用した商品は設計図自体を販売していないため、著作物であっても、設計図著作権使用料(著作権ライセンス料)は法律的に発生しません。

 

契約する際はくれぐれも気をつけてください。

 

※参考 弁護士事務所の方が詳しく説明されています。

 

 

上記の理由から、大量生産する実用品は特許権、意匠権などの「産業財産権の出願を推奨します。

原則的に商品の販売後に出願することはできません。しかし、販売後、1年以内であれば出願することができます)

 

特許権

自然法則を利用した、新規かつ高度で産業上利用可能な発明を保護

 

実用新案権

物品の形状、構造、組合せに関する考案を保護

 

意匠権

独創的で美感を有する物品の形状、模様、色彩等のデザインを保護

 

商標権

商品・サービスを区別するために使用するマーク(文字、図形など)を保護

 

※産業財産権についての説明は、こちらをご覧ください。

 

 

個人的な意見やデマを鵜呑みにするのではなく、ご自身で、著作物であるか、著作権使用料(著作権ライセンス料)が発生するものかを専門家(弁護士、弁理士)、文化庁、特許庁などに確認する事をお勧めします。

 

 

ちなみにネットショップなどのデザインされた商品画像・商品バナーも著作物です。

※著作権は専門家でも難しい問題であり、著作権に詳しい複数の専門家に確認した方がよいでしょう。

 

 

▼文化庁(著作物について)

https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/gaiyo/chosakubutsu.html

 

▼参考 弁護士事務所の方が詳しく説明されています。

https://www.ishioroshi.com/biz/kaisetu/chosakuken/index/chosakubutu/

 

▼日本弁理士会

https://www.jpaa.or.jp/

 

▼日本弁護士連合会

https://www.nichibenren.or.jp/index.html

 

▼公益社団法人著作権情報センター

https://www.cric.or.jp/

 

▼特許庁(知的財産権について)

https://www.jpo.go.jp/system/basic/index.html

 

▼特許・実用新案、意匠、商標については以下で調べる事ができます。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/